重要になる理由

オフィスビルとは入居率を高める事で、利益の拡充が見込めると考える人がいます。しかしオフィスビルの入居率が関係するのは売上高です。利益を形成している数字は売上高と経費になります。売上高から経費を引いた値が利益になるので、経費削減を実現しなければ、せっかくの売上高が台無しになる事もあるのです。 そのために有効な施策とされているのが、オフィスビルの共用部の省エネです。省エネは家電製品において登場した言葉ですが、オフィスビルでも活用されています。家電製品の省エネと違うのは、人件費の削減も含まれる事です。 省エネに成功した場合のオフィスビルは、対策をしていない所よりも収益性が増す事は間違いありません。それを理解しているオーナーは、オフィスビルの省エネに努めています。

しかし省エネを考え無しに進めると、入居者を逃がす結果になりかねません。彼らにとってオーナーの収益は二の次です。例えば空調の威力が目に見えて弱くなれば、彼らはオーナーに不快感を抱く事は間違いありません。 そのため空調システムの見直しや、アドバイザーに対する意見を聞いた上で、省エネは実施していくべきです。空調システムは古いほど光熱費が高いものです。なぜならメーカーはエネルギー効率の上昇を目指して開発しているため、新しいものほど省エネ効果に優れているからです。 アドバイザーに対して意見を聞く事も大切と言えます。なぜならオフィスビルの運営を一箇所しか行っていないと、オーナーは最適な対策がわかりません。しかしアドバイザーの協力を得られれば、顧客に不快感を与える対策は避けやすくなります。