代行サービス

企業において、社員への福利厚生の提供は重要なものとなっている。福利厚生の充実度によりやる気を持たすことができたり、優秀な人材を集めることができるためである。 これらの福利厚生では、一般的にコストがかかるケースがあり、コスト削減が進む中において、削減対象とされてきた。これらをできるだけ削減せず、低コストで提供するものとして、福利厚生代行サービスの利用がある。 福利厚生代行サービスの利用では、主に保養所の提供や、スポーツクラブの提供などが中心となっている。例えば、自社で保養所を保持する場合には維持費が必要になってくるが、これらの福利厚生代行のサービスを活用することで、利用に応じた支払いとすることができるなど、効率性を上げることができる。

福利厚生代行サービスの利用においては、一般的には社員1人当たり月々数百円など、社員1人当たりの利用料として料金を支払い、利用するケースが通常となっている。 その為、社員数に応じた支払いとなるため、無駄なく利用できるということがある。これらの会費を企業が支払うことで、その会社の社員は、会員割引で宿泊施設やスポーツクラブが利用できるなど、恩恵を受けることが可能な仕組みとなっている。 これらのサービスでは、大人数で契約することにより、1人当たりの月額費用が抑えられるなどされる場合がある。また、福利厚生代行サービスでは、福利厚生に関する管理などを一括してアウトソーシングできるサービスも出てきており、手続きを含めて行ってくれるものも多くなっている。